薄毛対策でこれだけは知っておきたい事!

最近では、男性だけでなく、ヘアロスなんて言葉も出てきているように女性の間でも薄毛に悩んでいる方がとても多くなっているのを実感しています。男女とも20代とか若い年代でも薄毛・抜け毛を気にしている方がほんとに多いのですね。

そのため、なるべく速い段階で薄毛対策を取ることが大切です。
とはいえ、自分自身の髪が薄くなっている原因を探らずにただ闇雲にヘアケアをやっていては逆効果になります。

ここでは、薄毛の原因を見極め、その適切な対策法とはどんなものなのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

薄毛の原因の見極めが大切

髪に悩む男女

まず薄毛対策の第一歩として、自分の薄毛がどのタイプであるかを知ることが大切です。

男性と女性では対策の方法も変わってきますし、色々な原因が重なって薄毛になっている場合がほとんどです。複数あるそれぞれの原因に対する適切な対策をとることが大切になってきます。

AGA(男性型脱毛症)

薄毛の型

男性に一番多いのが、AGA(男性型脱毛症)タイプです。
このタイプは、親や親戚に薄毛の人が多いなどの遺伝的な要素が大きく関係しています。

抜け毛を促す酵素5αリダクターゼが、遺伝によって分泌されやすくなります。
人によって分泌量には差がありますが、5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合することで、活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

さらにアンドロゲンレセプター(受容体)。この存在も遺伝的要素が大きく関係しているのですが、DHTと結合することで、毛母細胞を不活性化し、髪のもとのタンパク質を阻害し、薄毛が進行します。

女性のFAGA(女性型男性脱毛症)

女性の薄毛も増えているのですが、その原因の一つがホルモン関係です。

更年期以降や産後等、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうためです。

早い人ですと40代から始まる更年期ですが、女性ホルモンの減少によって髪が痩せ、抜け落ちやすくなってしまいます。
髪の成長が遅くなり、段々と薄毛になっていってしまうのです。

産後に抜け毛が増えるのは、妊娠中に抜け毛が少なかった反動で起こる現象なので、それほど深刻にとらえることはないと思います。

ストレスや生活習慣の乱れ

ストレス、運動不足で代謝が下がり血行不良が起き、必要な栄養が頭皮にまで届かない事も薄毛の原因に繋がります。

過度のストレスで常に緊張した状態でいると、血管が縮こまってしまい本来運ばれるはずの栄養素が毛母細胞にたどり着かなくなるのです。
忙しい現代社会、男性も女性もこの要素を完全に避ける事はできませんね。

また忙しい現代社会にあって、日頃の食生活も大きく関係しているようです。

これらの要素は、血流を悪くし頭皮に必要な栄養を行き渡らないようにしてしまう可能性があります。結果、髪の成長が妨げられ、また毛根の詰まりなどによって薄毛になってしまうのです。

知っておきたい薄毛対策の種類

発毛剤・育毛剤などの薄毛対策

自分なりに薄毛対策をしていても、時には自分に合っていない方法だったという事もあるでしょう。薄毛対策には様々な方法があり、自分の薄毛の原因を改善する対策を選びましょう。

医薬品を使ったAGA治療

男性に一番多いのがAGA、つまり男性型脱毛症です。

最近ではAGAの治療も日々開発され、多くの方が利用されています。
日本皮膚科学会で発毛効果が認められているプロペシアやミノキシジルを使った治療法が基本。

他にも育毛メソセラピー、HARG療法といった毛髪再生治療がより発毛・増毛効果を実現しています。

プロペシアと同じ有効成分フィナステリド配合の海外版、フィンペシア、エフペシアなどもあり、海外輸入代行業者から購入して使っている方も多くいます。ミノキシジルタブレットを併用して飲むほうが効果が高いと言われています。

しかし、副作用などのリスクもありますので、まずは専門の医師に診てもらってAGAの確実な治療を始めるのが一番です。

AGA専門のクリニックでAGA治療を行うには、それなりに費用は掛かりますが、安心と信頼のできる治療法で効果が期待できますので是非検討してみて下さい。

まず無料のカウンセリングを受け、コストや具体的な治療法を知ることができます。

その後薄毛の部分の撮影、血液検査を受け、今後どのAGA治療薬が合っているのか調べます。

また遺伝子検査によって、男性ホルモンと頭皮の関係性を調べる事もできるのです。

これらの検査結果によって、症状がAGAであるかを見極めることができます。

AGAであると分かったなら、薬剤を塗る外用治療や薬剤を服用する内服治療など、自分の症状に合った治療を受けることができます。
薄毛の原因は様々あり、過度のストレスや乱れた生活習慣にある場合もあります。

自分の症状がAGAかどうか自信が持てない時は、是非専門家の意見をきちんと聞いて下さい。

スポンサーリンク

薄毛対策に使用したい育毛剤の種類と注意事項

男性は勿論のこと、若い女性にも育毛剤は薄毛対策の大切な方法の一つです。

私たちは一人ひとり体質や頭皮の状態も違うので、それぞれの症状に合った育毛剤を選ぶべきです。

男性のM字型薄毛や頭頂部の薄毛などの場合、男性ホルモンを抑える働きのある育毛剤が効果的です。ただし、AGA治療薬を使った場合に比べて効果は下がることは否めません。

また頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすい方は、皮脂分泌を抑えるタイプが良いでしょう。

女性の薄毛は、血行不良やホルモンバランスの乱れが原因の多くを占めています。
基礎代謝も下がってきますので、血行を促進させる成分や保湿効果を高めるタイプがお勧めです。

活性化された血行により、栄養が頭皮に届くのを助けます。

ただし、育毛剤は髪を生やすのを目的としているのではなく、髪の成長を補い頭皮に栄養を届けやすくする役割、薄毛予防という認識で利用するという考え方が大切です。

育毛サプリメント

フィナステリド配合のプロペシアやフィンペシア等のAGA治療薬は男性型脱毛症(AGA)の対策のために5αリダクターゼを抑える成分が入っていますが、健康サプリメントの中にも同じような効能を謳っているサプリメントがあります。

また女性では、個人差はありますが40代後半位から女性ホルモンが減少していきます。
そのホルモンバランスの崩れによって、薄毛になりやすくなるのです。

その場合、女性ホルモンのエストロゲンと毛根の働きを促すアミノ酸が含まれているタイプがお勧めです。
ホルモンのバランスを上手に保ち、抜け毛を減らす効能があります。

また、ストレスやバランスの悪い生活習慣により、体内の代謝が下がり血行を悪くしている方も多いでしょう。そのような人は、頭皮や毛母細胞に栄養が届かなくなっています。

それで、血行を促進し毛母細胞を活性化するビタミンeや、頭皮の代謝を促す亜鉛成分の入ったサプリメントも販売されています。
体質改善により、頭皮の働きが活発になる効果を狙っています。

良い食習慣を保つことは大切なポイント

薄毛は遺伝が原因とよく言われています。
5αリダクターゼが多く分泌されたり、アンドロゲンレセプター(受動態)との感受性が高いという遺伝的要素が、薄毛の原因で多いのですが、日々の生活習慣が大きく関係していることをご存知でしょうか。

油っぽい食生活、偏りのある食事なども栄養バランスを崩し、また分泌された皮脂によって毛根が詰まり抜け毛の原因になります。

まず、生活の基本である食事ですが、忙しすぎてついつい偏った食事をしてしまったり、付き合いなどで脂っこい食べ物ばかり摂ってしまうという事もありますよね。

バランスの悪い食事を続けていると、髪の毛に必要な栄養を十分に摂取できません。
代謝も下がり、頭皮に栄養素が届かなくなるのです。

まず食生活を改善しましょう。

例えば大豆には多くのたんぱく質が含まれており、血液をキレイにし血行を促進する作用があります。朝食などに、毎日納豆を食べることもお勧めですね。

また、頭皮の代謝アップに役立つビタミンB2やビタミンAが含まれる緑黄色野菜、海藻類を意識的に摂りましょう。魚、肉などにもそれぞれカルシウムやたんぱく質が含まれているので、脂肪分を抑え頭皮を活性化することができます。

大切なのは、バランスの良い食事するという事ですね。

ストレスを溜めず、リラックスタイムを取る

忙しい現代社会、仕事や対人関係などでストレスを抱えることも多々ありますよね。ストレスが続くと、血管が凝縮され血流が悪くなり、やはり頭皮に運ばれるべき栄養が足りなくなってしまいます。

完全にストレスをなくす事はできませんが、自分に合ったストレス解消法を実行しましょう。

好きな音楽を聴く、趣味を楽しむ、また睡眠をたっぷり取るなど、少しの心掛けでストレスを大幅に減らすことができます。また、適度な運動も効果的です。

週末は趣味を楽しむ、気の知れた友達と時間を過ごす、軽いウォーキングなどのスポーツで汗を流すなど、心身共にリラックスできる時間を作るならストレス解消に繋がります。

身体全体の代謝を上げることによって、頭皮の血行を良くする働きにも繋がります。

また頭皮マッサージをする、ツボ押しによって髪の毛を作る毛母細胞を刺激することもできます。毎日無理なくできるという点でも良いですね。

生活習慣の改善によって、身体の中からキレイになることで、頭皮にも良い影響を与えます。

シャンプーで皮脂を取りすぎない

意外に勘違いしがちなのが、皮脂が薄毛を促すという考えです。以前頭皮の皮脂を悪者にしてシャンプーの販促をしていたことがあり、その情報がいまだに残っているからでしょう。

確かに、過剰な皮脂分泌は頭皮の毛根を詰まらせる可能性もありますが、頭皮にはある程度の皮脂が必要なのです。
頭皮を毎日キレイに保つのはもちろん大切ですが、過敏になりすぎてすべての皮脂をバッサリと取り除こうと思わないで下さいね。

頭皮が乾燥しすぎることもありますが、皮脂を取ると体はそれを補おうとして皮脂を出そうとします。つまり取ればとるほど、余計に皮脂過多になって、ひどくなると、脂漏性皮膚炎になったり、薄毛に繋がる危険もあります。

ウイッグやかつらによる薄毛対策

薄毛対策したくても、サロンや育毛剤だと効果が微妙だし、AGA治療薬でも効果が出るまで数か月掛かってしまう。

その点、かつらやウィッグは、すぐに気になる部分を覆うことができます。

昔のかつらは、いかにも着けています!と言わんばかりにすぐにバレてしまう物が多かったですね。

最近では改良が進み、着け心地が良く自然に見える物が増えてきました。

気になる頭頂部だけを隠してくれるトップピースや、頭全体をカバーするフルタイプがあります。また自分の髪に人工毛を編んでいく増毛もポピュラーになってきており、より自然に見えると人気です。

女性専用のおしゃれを楽しめるファッションタイプやロングタイプ、カールタイプなどもあります。

ただかつらを使用されている方の中には、汗で蒸れてしまう、皮膚がかぶれてしまうという方もいらっしゃいます。

そのため、保湿成分と血行促進する成分の入った育毛剤を並行して用いた薄毛対策をお勧めします。

血行促進で効果あり?薄毛対策のための頭皮マッサージ

正しい頭皮マッサージには、どんな効果があるのでしょうか。

覚えておきたい点として、頭皮にある毛母細胞に栄養が届いて初めて健康的な髪が作られるという事です。

しかし、頭皮の血行が悪いと栄養が行き渡らなくなり代謝も下がってしまいます。

それで血行を良くし、頭皮の細胞を活性化する頭皮マッサージが効果的なのです。

また、薄毛になりやすい頭皮は硬くなっている可能性があります。

マッサージによって、硬くなった頭皮を柔らかくし血行を促進しましょう。

さらに全身から出る皮脂の6割以上が、頭皮の毛穴から出ると言われています。

毛穴に詰まった皮脂や汚れが、発毛を妨げているんですね。

マッサージによってそれらの皮脂を取り除きましょう。

ただマッサージするだけでは難しいので、シャンプー前に流すぬるま湯でしっかり汚れを流しながらマッサージするのも効果的です。

頭皮を強く揉めば揉むほど効果がある、というのは間違いです。
刺激が強すぎると頭皮を傷つけ皮膚が炎症を起こしますので、薄毛対策には逆効果の可能性があります。

ポイントは優しく、過度の刺激を与えないことで、両手の手の平で大きく揉みこむようにマッサージして下さい。

まとめ

いかがでしょうか?

薄毛対策といっても数多くの種類と方法があります。
男性の場合、AGA(男性脱毛症)が最も多いのですが、生活習慣やストレスが溜まっていないか等、自分に合った対策で、毎日のケアに役立てられたら良いですね。

同時に覚えておきたい大切な点として、薄毛対策はすぐには効果が表われません。しかし、諦めず是非前向きな気持ちで、薄毛対策に取り組んで下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました