シャンプーだけで髪の毛が生える?

シャンプー中

スカルプシャンプーや育毛シャンプーという言葉が生まれ、「髪を洗う」から「頭皮を洗う」へ認識が変わってきました。

シャンプーだけで髪の毛が生えるのではないかと思っている人も意外に多いのも事実のようです。

自分に合うシャンプーを見つけれれば、髪の毛が生えてくるのでしょうか?
シャンプーについては、様々な疑問を持っている人も多くおられれます。

ここでは、本当にシャンプーだけで髪の毛が生えるのでしょうか?という疑問について書いていきます。ぜひ参考に似してくださいね。

スポンサーリンク

育毛シャンプーでは薄毛は改善しない?

男性髪の悩み

結論を先に言ってしまうと、シャンプーだけでは髪の毛は生えません。薄毛の根本的な改善を期待してはいけないのです。まぁ、毛髪は毎日抜けては新しい毛髪が生えてきているので、生えてこないことはないのですが、ここで言う「髪の毛が生える」というのは増えるという意味合いが強いと思います。

育毛シャンプーやスカルプシャンプーの本来の目的は、毛髪・頭皮を清潔にする。フケ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮を健やかに保つ、毛髪・頭皮の臭い(ニオイ)防ぐ。

このような意味合いで使うべきなのです。シャンプーだけで薄毛の原因に多い、男性ホルモン型(AGA)には対処できないこともあきらかなので、薄毛が改善することはありません。

実は、私の仕事上の経験ですが、ある理由で長い間シャンプーがまともにできず、それが理由かどうかはわかりませんが、一気に薄毛が進行した方がいました。

久しぶりに当店に来られた時に、毛穴の汚れを取る機器でやる育毛コースを週に2回、1か月ほど行うと、新しい髪の毛が生えてきて、どんどん増えてきました。

毛穴の汚れが詰まったぐらいでは、髪の毛は減らない、薄毛が進行することは本来はないのですが、この方は詰まり加減が異常だったのかもしれません。

毛穴の汚れを取る育毛機器でやった2回目の時に、ごっそりと詰まった皮脂が取れたのを確認しましたからね。

こういったことは普通では考えられないことなので、実際は育毛・スカルプシャンプーと謳われていたとしても、髪が生える発毛効果はありません。

また、薄毛がさほど進行していない方には、ある程度改善するということを言っている人もいますが、それも間違いだと思います。

ただ、間違ったシャンプー選びややり方を継続して行っていると、元々薄毛のなりやすい方の進行を助長していしまうことはありますので、注意は必要です。

シャンプーで髪が太くなるのは嘘?

髪の毛太く

シャンプーは頭皮環境を整える、すっきり洗浄で頭皮の汚れを落とす。頭皮ケアを目的とするもので、それだけではぐんぐん髪の毛が生えることはないのですが、では「シャンプーで毛を太くする効果がある」というのはどうでしょうか?

実際に髪が太くなったという口コミが多いですよね。

抜け毛を防ぎ、毛を太く強くする効果があるということも書かれていますが、そういった効果も実際はありません。

シャンプーを変えたから、抜け毛が少なくなることもありませんし、毛が太くなることもないのです。

実は潤い成分で、髪にハリ・コシを与え、ふんわりボリューム感を与える効果があるので、それで髪の毛が太くなったという感触を得たわけです。

昔、○野のシャンプーを使ってたら、髪が太くなったという当店のお客様がいました。カットをしていると髪質がなにか変だったのです。

言葉で説明するのは難しいのですが、うっすらとノリでも貼り付けたような感触だったのです。

確かに太くなった感はあるのですが、これは明らかに髪の毛になにか膜を張ったものでした。いわゆる髪に化学製品をコーティングしただけでした。これもシリコン系なのかもしれない。

このようなコーティング剤が入ったシャンプー剤は使うと頭皮にダメージを与えることにもなりかねないと説明し、そのシャンプーの使用をやめてもらいました。

このシャンプーを使えば、髪が太くなる、生えてくるという嘘に騙されるのはやめましょう?

では、育毛・スカルプシャンプーというのは使っても意味がないのかというとそういうことはありません。育毛の第一歩と言われるほど大切なものです。

スポンサーリンク

シャンプーは頭皮環境を整えて髪の成長を助ける

育毛シャンプーを使うことで頭皮という土壌をしっかりと整えることができます。

薄毛の人は、頭皮の潤いがなく固かったり、フケ・かゆみに悩んでいる人も多いように思います。また育毛剤や育毛アイテムが合わないために、頭皮が荒れてトラブルになっている人もいます。

育毛シャンプーの目的は、前述したように毛髪・頭皮を清潔に保つことが一番です。

頭皮の汚れ

AGAの方は、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響で皮脂腺の分泌量が増え、頭皮が汚れ、毛穴が詰まった状態になり、フケなども多くなります。

このような頭皮の状態は、髪の毛に良いはずがありません。

皮脂は頭皮や髪の毛の乾燥を防いだり、バリアゾーンの働きもありますので、必要なものですが、多すぎると、頭皮に雑菌が繁殖し、かゆみや頭皮ニキビがでてしまう可能性もあります。

このまま過剰分泌で不潔な状態のままでは、余計に薄毛や抜け毛の
進行を早めてしまいます。そのため、必ずシャンプーで清潔にしてあげることが大切です。

また、洗浄力が強すぎるシャンプーではなく、頭皮に優しいアミノ酸系ノンシリコンシャンプーで自分に合ったものを使用するようにしましょう。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプーを選ぶ

シャンプー複数

シャンプーは、大きく分けて石油系(高級アルコール系)、石鹸系、そしてアミノ酸系の3つに分類されます。

なお、最近はノンシリコンシャンプーという言葉もよく聞くようになりましたよね。
この中で、値段が高いというデメリットがありますが、アミノ酸系でノンシリコンのシャンプーが一番おすすめになります。

まず石油系についてですが、製造コストが安く、そして洗浄力が高いことが特長です。価格の安い市販のシャンプーは、ほとんどが石油系と思っていいでしょう。

薄毛因子のない、何をやっても薄くならないタイプの人は、このような洗浄力の強いシャンプーを使っても問題ありません。なぜなら石油系であっても人体内部に浸透することはなく、体に影響はないとされているからです。

しかし、この記事を読んでいる方は、髪や頭皮に悩んでいる方がほとんどでしょう。洗いすぎもそうですが、皮脂を取り過ぎると、色々な頭皮トラブルが出てくる可能性があります。

これを機会に自分に合うアミノ酸シャンプーを見つけて使うようにしてください。

なお、アミノ酸系シャンプーと謳っている商品の中でも、強い脱脂力のある商品があります。このような場合、頭皮に負担をかけているのは同じですので、避けなくてはいけません。

まとめ

薄毛に悩む方は年々若年化傾向にあり、特に女性の方が増えてきました。髪の毛はその人の印象に大きく左右されるものですからね。

そのため、色々な薄毛対策を行う方も多くなっているのですが、中には育毛・スカルプシャンプーを使えば、髪の毛が生えると思っている人も結構な割合でおられます。

しかし、シャンプーだけで髪の毛が生える、太くなる、増えるということはありません。シャンプーは頭皮を健やかに保つことが主たる目的なのです。ただし、シャンプーの選び方や使い方を間違えると、頭皮トラブルのもとになります。髪の毛の生成に関わる部分でマイナスになりますので、育毛の第一歩としてはシャンプーは大切になります。

シャンプーだけで髪の毛は生えない。実際は髪の毛はヘアサイクルのなかで、自然に抜けては生えるを繰り返していますので、ここで言う生えるは新しい毛が増える、または太くなるという意味になりますので、そのようなことはないということは覚えて育毛にトライしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました