おでこが広いメンズの髪型|前髪で隠す&スッキリ魅せる20選

おでこ広いメンズの髪型

おでこが広いせいで髪型に困っている方も多いですよね。前髪の決め方で印象がガラッと変わってしまいますから・・・
どうしてもおでこの広さを隠したい気持ちは分かります。ですが、無理に前髪を長く残していると、風が吹いたり走ったりした時に髪の毛がヒューッと割れて、おでこが丸見えなんて嫌ですよね。

おでこが広い部分が目立たない髪型から、おでこを出してもカッコよくいられる髪型。ミディアムロングからショートの髪型まで様々な髪型を取り揃えました。

広いおでこを隠して魅せる!出して魅せる!ヘアアレンジ次第で広いおでこを感じせない工夫はいくらでもあります。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

七・三分けで広いおでこを魅力的に魅せる髪型

七・三分け

センター分けだと広いおでこを強調しちゃいますが、七・三分けで七の方を横に流し、おでこを隠します。

これは、刈り上げたショートカットでも、ミディアムロングでもOK。
変に前髪でおでこを隠さずに、分け目の部分をハッキリと魅せて清潔感をもたせます。

圭介画像
マスター圭介

男だったら絶対ショートがいいなぁ!
サイドはツーブロックでも良いし、今流行りの薄いバリカンを入れて刈り上げたバーバーヘアも良いですぞ^^

ちなみに私もM字が上がっておでこが広いのですが、ルーズな七・三分けっぽい髪型にしております。

前髪長めでも髪型を変化させる

前髪長め髪型

前髪を長めにして、その時々でスタイリングを変化させるのもありです。サイドに隠しツーブロックを入れています。

左はバングさせて自然に流しています。これが一番ナチュラルですが、一見、無理やりおでこを隠してる不自然な髪型とも捉えかねないかもしれません。

真ん中の写真のようにおでこを上げると、清潔感、爽やかさが増しますよね。ビジネス向けは、これが一番かもしれません。

また、隠しツーブロックを入れていることで、耳周りが軽くなり、前髪もラフに動かせることができます。(右の写真)

前髪をおろした定番のショートレイヤー

ショートレイヤー

左のままだと全体に重い印象がありますので、真ん中のように耳周りをスッキリと出して、前髪は眉毛に下あたりにくるようにカットしています。

これだけでもスッキリとしたショートレイヤーですが、右はもう少し全体をカットし、前髪は眉毛にかかる程度まで短くしています。トップは7cmで中間に梳きをいれることで立ち上がりがつきやすくなります。

圭介画像
マスター圭介

セットはトップにボリュームを出し、その他は抑えるようにするのがミソですぞ^^

それからこのショートレイヤーは前髪を短すぎると子供っぽく見えるので、そこは注意が必要です。

短いぱっつん前髪

前髪ぱっつん

前髪を重くぱっつんと短くするのもオシャレです。しかし、どうしても若い子向きで、可愛らしいイメージになっちゃいますよね。
もう少し長めにして、少しスライドカットでシャギーを少し入れたほうが、軽やかになって良いのではと思いますが、こういったぱっつんが似合う方は素敵です。

少し束感を入れて軽くする

束感を入れた前髪

ザクザク感というか、少し束感を入れたほうが躍動感があるデザインになります。

フロントにレイヤーを入れて、スライドカットで束感を出します。おでこが広い人、特に薄毛で生え際が後退した方はM字部分に重みを残しスカスカにならないようにスライドカットしましょう。

圭介画像
マスター圭介

生え際が薄い人はチョロチョロと後れ毛がありますよね。そういった短い細毛・後れ毛は短く取って、上の髪で見えなくしてしまったほうがすだれみたいな髪型になりませんよ。

スポンサーリンク

おでこが後退した40代以降はバック調が似合う

フロントバックに上げた髪型

生え際が後退しておでこが広くなった方は、前髪が細くなっています。後れ毛も増えているはずです。
前髪をおろして隠したいところでしょうが、無理に下ろすと割れてすだれのようにスカスカな感じになっちゃいます。

髪が多い方の前髪をスライドカット等で隙間が見えるように束感を出す「すだれ前髪」が女性の髪型で一時期人気でした。「すだれ前髪女子」とも言うらしいですね。

男性でも前髪が重い、ぱっつんが嫌いという方は、すだれまではやりすぎでしょうが、すきバサミやスライドカットをもちいて束感をだします。

まぁ、生え際が薄くなると何もしなくてもすだれ風になっちゃいますので、40代になるとおでこを隠すのではなく、上げて魅せるのは、ひとつのトレンドとも言えるのではないでしょうか?

おでこが広く生え際の薄い方のベリーショート

生え際の薄い方のベリーショート

生え際が後退、薄くなってきた方は、前髪も短く調整したベリーショートがおすすめ。

均等におでこが広いならバック調に前髪を上げても良いのですが、M字型や生え際ラインが一部多く後退していた場合は、髪を上げるといびつな生え際ラインがもろに見えてしまいます。

かといって、長く残すとすだれ前髪になってしまうので、前髪を短くおろしたベリーショートカットにするとオシャレ度がアップします。

オシャレボウズでダンディに

オシャレボウズ

かなり薄毛が進行しておでこが広くなっている方は、オシャレボウズにすると薄毛を感じさせなくなります。
薄毛になると髪が伸びずに細いままで止まってしまいます。すべてが止まるわけではなく、伸び続ける毛髪と止まってしまう細毛が混在するために、バランスが悪くなるのです。

こういった方は、伸びの止まった短い毛髪に合わせてオシャレボウズにすると、バランスが良くなりますね。
まわりを薄いバリカンを入れるとさらに個性的で渋さが増すのかなと思います。

前髪のほうが短いソフトモヒカンショート

前髪短いソフトモヒカンショート

オシャレボウズにしても、写真のように生え際ラインが後れ毛でバラバラ感が出る方は、前髪を極端に短くしたソフトモヒカンショートがおすすめ。

左の写真のように後れ毛や伸びない細毛が多いと、オシャレボウズでもすだれ感がみえてしまいます。こういった場合は、短くとってしまいましょう。ということですが、その生え際に合わしてオシャレボウズにすると、ほぼ坊主に近くなりオシャレ感も失われてしまいます。

頭頂部がかなり薄い方は無理ですが、それなりに髪がある方は、前髪のほうが短いソフトモヒカンショートにすると良いですね。

左の写真よりトップは長さが必要なので、伸びてからになりますが、サイドやバックはハード目に刈り上げ、トップに立ち上がりをつけます。

まとめ

おでこが広くて髪型に悩んでいる方の参考になれたでしょうか?

前髪を垂らして隠したい気持ちも分かりますが、長くおいておくと、すがれのようになったり、割れてしまいます。

ショートヘアこそオシャレで、広いおでこを魅せる近道ではないでしょうか?

前髪を短くし、サイドやバックも短く刈り上げれば、メリハリの効いた立体感のある髪型になります。

また40代以降で生え際が後退しておでこが広くなった方は、バック調に髪を立ち上げて男らしく演出するのもありですね。

ヘアアレンジ次第で広いおでこを魅せる工夫はいくらでもあるということで参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました